ホーム > 製品紹介 > ERAZER > 垂直対応が必要な理由

垂直磁気記録方式・水平記録方式両方のデータ消去対応が必要な理由

水平(面内)磁気記録方式のハードディスクは回転方向が磁気記録の方向です。
消去装置から見ると、垂直磁気記録方式のハードディスク同様の垂直方向と水平方向の磁気記録が存在します。

ERAZER ER-TypeS/M


水平(面内)磁気記録方式のハードディスク(HDD)は、磁気ヘッドに対しては水平に記録されていますが、プラッター(磁気記録面)は回転しているため回転方向が磁気記録の方向です。
消去装置が発生する磁力は図のように一方向ですので、消去装置からの発生磁力がハードディスクに対し水平に照射される部分(消去しやすい部分)と垂直に照射される部分(消去しにくい部分)が存在します。

弊社のデータ消去装置ERAZERは、弊社独自の特許出願済みの最新技術で、垂直磁気記録方式、水平磁気記録方式の両方の記録方式の消去に対応しています。

リ・バース株式会社
製品開発チーム