ホーム > Q&A >SSDデータ消去のQ&A

※SSDドライブのデータ消去についてのQ&Aです。

HDDとSSDの記録方式の違いは何ですか?
HDDは磁気記録(N極S極)をプラッターに磁気ヘッドが書き込むことにより記録します
SSDはセルと呼ばれる極小さなフラッシュメモリー上に、電荷の有無(+・-)で記録します 。
消去ソフトでのHDDのデータ消去は何度も上書きが必要です、SSDはその必要がないのですか?
HDDのプラッター上の磁気記録は、1度上書(消去)を実行しても、残留磁気が残り、上書きを何度も繰り返すことにより、残留磁気をゼロに近づけています。
SSDは電荷(+・-)による電荷の記録ですので、セルと呼ばれるフラッシュメモリー内の電荷をなくすと(開放)元の記録が残ることがありません。また、その後、新しく電荷(+・-)を記録して使います。
Secure erase後SSDは再利用ができますか?
再利用できます。
Secure eraseが必要な理由?
SSDは最小単位がセルと呼ばれる極小さなフラッシュメモリーの集合体であり、穴をあけたり、破壊したりだけでは、壊れていないフラッシュメモリーを置き換えれば、再生が可能となってしまいます。
Secure eraseはなぜ消去が速いのですか?
Secure eraseは、ほぼ同時にすべてのセルに信号を送り、電荷(+・-)を消去(解放)する。
SSDを上書き消去することはできますか?
従来の上書き消去(例えばDoD消去)も実行することは可能です。磁気データのように残留磁気が残らないので、複数回上書きを実施する必要がありません。
ただし、Secure eraseのようにすべてのセルの状態を開放するのと違い、"0""1"といった情報を順次すべてのセルに書き込むので、HDD同様に、多くの時間が必要になります。

※上記Q&Aにて解決しない場合は、メール又はお電話にてお問い合わせください。