ホーム > Q&A >メディアコピーマシン事業のQ&A

※HDD,CD,DVD,CF,USBのコピーマシーン・デュプリケーター(データコピー機)のQ&A。

リ・バース株式会社はどこのメーカー製品、HDD,CD,DVD.BD,USB,CF,他、コピーマシン、デュプリケーター(データコピー機)でも修理できるのですか?
リ・バース株式会社は、磁気記録メディアの磁気データ消去機(クラッシャー)、及び、HDD,CD,DVD,DB.CF.USB各種デュプリケーター、コピーマシーン(メディアデータコピー機)ともにどこのメーカー製品でも初期診断受付をさせていただきます。 診断結果により、修理見積もりをさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。
コピーマシン、デュプリケーター(メディアデータコピー機)ではどのようなものがコピーできますか?
磁気メディア(ハードディスク)、光学メディア(CD、DVD、BD)、フラッシュメディア(USB、SD、CF、DOM等) 各種メディアのコピーマシン、デュプリケーター(データコピー機)があります
リ・バース株式会社のコピーマシン、デュプリケーター(データコピー機)では、市販のDVDソフト等のコピーは可能ですか?
通常市販されているDVDソフト等にはコピーガードが施されていますのでコピーすることは出来ません。
コピーマシン、デュプリケーター(データコピー機)のCD/DVDドライブの耐久性はどのぐらいあるのですか?
総書き込み時間で1000~1500時間が目安となります。
但し、使用するメディアの品質や、周囲の環境・温度等によりこれより短くなる場合がございます。
コピーマシン、デュプリケーター(データコピー機)の接続ケーブル耐久性はどのくらいあるのですか?
接続ケーブル/コネクタの耐久性目安は下記の通りです。
但し、使用していてエラーが頻繁に発生したり、ケーブルが折れ曲がっている場合には交換することをお勧め致します。
・SATA:約250回 ・IDE、SCSI:約100回・フラッシュメディア系(SD、USB、CF等):約500回
コピーマシン、デュプリケーター(データコピー機)でCD、DVDのコピーにかかる時間を教えてください。
データ容量や、書き込み速度設定により変化しますが目安は下記の通りになります。
データ容量700MBのCD 書き込み速度設定16倍速の場合:約4分
データ容量4.7GBのDVD 書き込み速度設定8倍速の場合:約8分
使用するディスクの推奨メーカーはありますか?
リ・バース株式会社では、CD-R:太陽誘電製品、DVD-R:太陽誘電製品/TDK製品/三菱化学メディア製品を推奨しております。
(海外製の安価なメディアを使用した場合、書き込みエラーの増加やドライブの耐久性が下がってしまうデメリットが発生する場合があります。)

※上記Q&Aにて解決しない場合は、メール又はお電話にてお問い合わせください。