ホーム > 製品紹介 > ERAZER> 磁気コロイドによる磁気パターン

※磁気コロイドによる 垂直磁気記録ハードディスクの磁気パターン
MFMによる磁気パタンの確認はこちらから

磁気データ消去装置-垂直磁気記録ハードディスク磁気データ消去確認

磁気データ消去装置(消去機) ERAZER 型名: ER-TypeS/M
・磁気データ消去装置 ER-TypeS
・消去メディア 3.5インチ垂直磁気記録ハードディスク
型名:HDT721010SLA360
・容量 1TB (日立製 )
・使用コロイド液  磁気粒子 10nm
・消去後の磁気パターンは、消去実施後24時間経過後の検査   注意)Q&A参照
各画像をクリックすると拡大表示されます。
消去前の磁気パターン
磁気データ消去装置消去前の磁気パターン
消去後の磁気パターン
磁気データ消去装置消去後の磁気パターン
磁気粒子10nmのコロイド液を利用した磁気パターンの画像を比較することにより、目視により、消去前の磁気記録が消去後、消去(破壊)されていることが確認できます。
磁気コロイドは磁束密度の強い場所に引き寄せられます。消去前の画像ではプラッターの内側から外側に向け、規則正しい腺が走ってています。これは、コロイドを塗ることにより現れた濃淡が磁束密度の強い部分と弱い部分を現す磁気のパターンです。
消去後のプラッターには、ERAZERで消去したため、上記の違いがなくなり、プラッター内側から外側にかけての規則正しい腺がありません。
注)コロイドはペンタイプを使用しています。規則正しくない濃淡はコロイドが2重に塗られたためのものです。

記載内容(製品の仕様)は予告無く変更する場合があることを、あらかじめご了承願います。