ホーム > ニュース > ERAZER0725

2009年07月29日 09時

最新垂直磁気記録ハードディスク、各種磁気記録メディアの
磁気データ消去装置ERAZERの川崎展示会場をオープンしました。

川崎展示会場には各種磁気記録メディアの磁気消去に対応した磁気データ消去装置を常設展示しています。説明会予定日にお申し込みいただきますと、装置の説明はもちろんのこと、ご持参いただいた磁気記録メディアでテスト消去していただけます。ぜひ一度、商品の使いやすさや数々の特徴をご実感下さい。

各位

磁気データ消去装置ERAZERの開発・製造元リ・バース株式会社(本社:川崎市 代表取締役 生田篤識 http://www.re-birth-japan.com/ )は、垂直磁気記録データ消去装置ERAZERの常設展示会場を、本社川崎にオープンしました。

購入を検討しているがぜひ一度使用してみたい! メディアを持参し一度テスト消去してみたい! 持ち運びを試してみたい! 装置に触れてみたい! 騒音はどの程度なのか実感してみたい! 等々そんな要望にお答えすべく、今回川崎常設展示会場をオープンしました。お気軽にお立ち寄り下さい。

■展示会場の案内
 郵便番号 〒210-0838 
 住所    神奈川県川崎市川崎区境町8-19  リ・バース株式会社 本社内
  川崎展示会場案内 http://www.re-birth-japan.com/tenji-kawasaki.html

■説明会の予定日と参加申し込み方法
 弊社ホームページの川崎展示会場申し込みフォームからお願いします。
  申し込みフォーム https://x181.secure.ne.jp/~x181014/htmlsec/toiawase/touroi_kawasaki.html

■磁気消去の必要性
・最新の技術では、1ミリ四方のハードディスクプラッターの破片があればデータを復旧させることが可能です。1ミリ四方のプラッターの破片には約5千万文字(2.5インチ320GBの場合)のデータが記録されています。ハードディスクを壊しただけではデータは流出の脅威にさらされています。

■製品の概要
・ハードディスクや各種磁気メディア(FD、DAT、DDS、D8、VXA、DLT )等の磁気メディアのデータ消去
・処理能力 240回/時間 ・水平・垂直磁気記録ハードディスクに対応
・TypeS/TypeM 2機種(TypeMは厚型ハードディスクに対応) ・第三者機関による消去の確認済み

■製品の特徴
垂直・水平両記録方式に対応!
スピードが速い!
チェック機能が充実! セーフティー機能が充実!
オールマイティ! コンパクト軽量設計!

■装置仕様の詳細
ERAZER TypeS http://www.re-birth-japan.com/product-types.html
ERAZER TypeM http://www.re-birth-japan.com/product-typem.html

■消去の原理(弊社特許申請の一部)
消去の原理 http://www.re-birth-japan.com/genri0617.html

■価格
ERAZER TypeS(型番ES01-100) 標準価格 550,000円(税別)
ERAZER TypeM(型番EM01-100) 標準価格 800,000円(税別)

■会社概要■
名称: リ・バース株式会社
本社住所: 〒210-0838 神奈川県川崎市川崎区境町8-19
代表者: 代表取締役 生田篤識
資本金: 1,000万円
設立: 2005年10月
事業内容: パソコン・計測器のリユース、リサイクル
       セキュリティー商品の開発・製造・販売
ホームページ: http://www.re-birth-japan.com/
商品ホームページ: http://www.erazer.jp

【本件に関するお問い合わせ先】 <平成22年5月移転しました>
リ・バース株式会社 ソリューション事業部 
住所 〒575-0003  大阪府四條畷市岡山東1-8-8
                     ナカタコーポレーションビル 4F
TEL:072-803-7756 FAX:072-803-7786
mail sales@re-birth-japan.com