ホーム > ニュース > ERAZER0424

2009年04月24日 07時

垂直磁気記録ハードディスクのデータ消去に対応した磁気データ消去装置ERAZERを開発・販売を開始しました。

垂直磁気記録ハードディスクも発売後3年以上になり、買い替え処分も多くなってきました。従来の消去装置を知らずに利用していると、データが消去できていない可能性があります。

各位

リサイクルやリユースで実績のあるリ・バース株式会社(本社:川崎市 代表取締役 生田篤識 http://www.re-birth-japan.com/ )は、垂直磁気記録ハードディスクのデータ消去に対応した磁気データ消去装置ERAZERを開発・販売を開始しました。

自社でのリサイクル・リユース時に垂直磁気記録ハードディスクが多くなり、従来の消去装置では消去できていないため、同装置を2008年8月に開発。その後、多くのリサイクル業者様やお客様より同様の話を聞き、このたび垂直磁気記録ハードディスクの消去に対応し、消去前に消去できるハードディスクかそうでないハードディスクかを見分ける必要のない、磁気データ消去装置ERAZERの発売を開始しました。

リ・バース株式会社では、今後も国内外の革新的で高付加価値なセキュリティー製品のリリースを予定しており、幅広いユーザ層にご満足いただける、真に使いやすい商品を提供して参ります。

■製品の特徴
【特徴1】
磁気データ消去装置(消去機) ERAZER 型名ER-TypeS/M はスピードが速い!
→充電時間 15秒 消去メディアをセットするだけ(自動運転モード時) 、あとはお任せ、
瞬時にして消去完了。処理能力 240回/時間。

【特徴2】
磁気データ消去装置(消去機) ERAZER ER-TypeS/M はチェック機能が充実!
→消去時の発生磁力を瞬時に自己診断、基準値以下なら表示と音でアナウンス(磁気消去装置から離れての作業時も状況確認可能)、完全消去の確認が可能。

【特徴3】
磁気データ消去装置(消去機) ERAZER ER-TypeS/M はセーフティー機能が充実!
→ 発生磁力を本体内部で処理するので、外部への磁力のもれはなし! 安心・安全にお使いいただけます。

【特徴4】
磁気データ消去装置(消去機) ERAZER ER-TypeS/M はオールマイティ!
→故障のため動作しない磁気メディアも消去可能。ソフト消去のように、エラーで消去できないというトラブルはありません。安心して利用可能です。

【特徴5】
→磁気データ消去装置(消去機) ERAZER-TypeS/M はコンパクト軽量設計!
最新技術によりコンパクト・計量化に成功! 持ち運びが簡単に。

■製品の概要
・ハードディスクや各種磁気メディア(FD、DAT、DDS、D8、VXA、DLT )等の磁気メディアのデータ消去
・処理能力 240回/時間 ・水平・垂直磁気記録ハードディスクに対応
・TypeS/TypeM 2機種(TypeMは厚型ハードディスクに対応) ・第三者機関による消去の確認済み

■装置の詳細
http://www.re-birth-japan.com/product-type.html

■装置仕様の詳細
ERAZER TypeS http://www.re-birth-japan.com/product-types.html
ERAZER TypeM http://www.re-birth-japan.com/product-typem.html

■磁気消去の必要性
・最新の技術では、1ミリ四方のハードディスクプラッターの破片があればデータを復旧させることが可能です。1ミリ四方のプラッターの破片には約5千万文字(2.5インチ320GBの場合)のデータが記録されています。ハードディスクを壊しただけではデーターは流出の脅威にさらされています。

■価格
ERAZER TypeS(型番ES01-100) 標準価格 550,000円(税別)
ERAZER TypeM(型番EM01-100) 標準価格 800,000円(税別)

■会社概要■
名称: リ・バース株式会社
本社: 神奈川県川崎市川崎区水江町6-5 ゼロエミッション工業団地内
代表者: 代表取締役 生田篤識
資本金: 1,000万円
設立: 2005年10月
事業内容: パソコン・計測器のリユース、リサイクル
       セキュリティー商品の開発・製造・販売
ホームページ: http://www.re-birth-japan.com/